福島区の不動産ならお任せください

更新情報

2022-05-26

「歴史上最も影響を与えた人物」シリーズ。


第三十二話 5月26日は「アレクサンダー大王/アレクサンドロス3世」


レクサンドロス3世は、古代ギリシャのアルゲアス朝マケドニア王国の王。また、コリントス同盟(ヘラス同盟)の盟主、エジプトのファラオも兼ねた。ヘラクレスとアキレウスを祖に持つとされ、古代ギリシャにおける最高の家系的栄誉と共に生まれた。ギリシャ語ではアレクサンドロス大王であるが、ドイツ語風に読んでアレクサンダー大王またはアレキサンダー大王とすることも多い。アラビア語やペルシャ語ではイスカンダルと呼ばれている。BC356年にペラ(マケドニア王国の首都)で生まれ、20歳で父であるピリッポス2世の王位を継承する。その治世の多くをアジアや北アフリカにおける類を見ない戦役(東方遠征)に費やし、30歳までにギリシャからインド北西にまたがる大帝国を建設した。戦術・戦略の天才であり、少年のごとき純朴な野心を持っていた。戦えば決して負けることがなく、確かな戦略で領域を急速に拡大し、異民族統治においては独創的な方針をとった。彼の業績は征服戦争に成功したことだけにあるのではない。当時のギリシャ人が考える世界の主要部(ギリシャ、メソポタミア、エジプト、ペルシャ、インド)のほとんどを一つにつないだ若き『世界征服者』であり、異文化の交流と融合を図る諸政策を実行し、広大な領域にドラクマ(通貨の単位)を流通させることで両替の手間を省いて迅速かつ活発な商取引を実現したことにある。アレクサンドロス以後、世界は一変した。また、歴史上において最も成功した軍事指揮官であると広く考えられている。青年期、アレクサンドロスはプトレマイオスの学友として過ごし、16歳までアリストテレスの教えを受けた。紀元前336年に父王が暗殺されると、彼はその王位を継承するとともに、強大な王国と熟達した軍隊を受け継ぐこととなった。アレクサンドロスはコリントス同盟(父ピリッポス2世がカイロネイアの戦いでアテネ・テーベ連合軍に勝利した後のBC337年にコリントスで結成させた同盟。スパルタを除くギリシャの全ポリスが加盟した。)の盟主としてマケドニア王位に就いたので、この立場を使い父の意を継いで東方遠征に着手した。BC334年、アケメネス朝ペルシャ帝国に侵攻し、10年に及ぶ大遠征を開始した。イッソスの戦いやガウガメラの戦いといった決定的な戦いによって強大なペルシャを打ち破った。そして、ペルシャ帝国の王であるダレイオス3世を破りペルシャ帝国全土を制圧した。その時点で彼の帝国はアドリア海からインダス川にまで及ぶものであった。BC326年、「世界の果て」に到達するべくインドに侵攻し、ヒュダスペス河畔の戦いでパウラヴァ族に勝利する。しかし、多くの部下の要求により結局引き返すこととなった。BC323年、アラビアへの侵攻を始めとする新たな遠征を果たせないまま、首都にする計画だったバビロンで熱病にかかり32歳で崩御。その崩御後、彼の帝国は内戦によって分裂し、マケドニア人の後継者達によって分割支配されることとなった。アレクサンドロスの征服(ヘレニズム)によって生じた文化伝播とシンクレティズム(相異なる信仰や一見相矛盾する信仰を結合・混合すること、あるいはさまざまな学派・流派の実践・慣習を混合すること。日本語では「融合」、「混交」、「複合」、「重層」とも訳す。)はギリシャ式仏教(ガンダーラ美術)などに見られる。自分の名前にちなんでだ20あまりの都市を建設し、中でもエジプトのアレクサンドリアは最も有名である。アレクサンドロスによるギリシャ植民地の支配とそれによるギリシャ文化の東方への伝達は古代ギリシャと古代オリエントの文明を融合させ、ヘレニズムと呼ばれる新たな文明の出現をもたらした。この影響は15世紀中盤の東ローマ帝国の文化や1920年代までギリシャ語を話せる者がアナトリア半島中部から遥か東(ポントス人:黒海沿岸地域ポントス地方に歴史的に居住し、ギリシャ語のポントス方言を母語とする正教会信徒。)にまでいたことにも現れている。アレクサンドロスは古典的な英雄であるアキレウスのように伝説として語り継がれ、ギリシャと非ギリシャ双方の文化における歴史や神話に顕著に登場する。歴史上の軍事指揮官は頻繁にアレクサンドロスと比較され、その業績は今も世界中の軍学校で教えられる。歴史上もっとも影響力のあった人物としてしばしば挙げられる。ハンニバル、カエサル、ナポレオンなどの著名な歴史上の人物たちからも大英雄とみなされていた。旧約聖書やコーラン、ゾロアスター教など多様な民族の文献にも登場する。現代でもアレクサンドロスの名に因んだ名前をつける人は多い。1941年からギリシャで発行されていた旧1000ドラクマ紙幣や旧100ドラクマ硬貨、1926年からアルバニアで発行された旧1レク紙幣などの肖像に使用されていた。

2022-05-24

「歴史上最も影響を与えた人物」シリーズ。


第三十一話 5月24日は「ジョン・ドルトン/化学者、物理学者、原子論、分圧の法則(ドルトンの法則)


ジョン・ドルトン(John Dalton)は、イギリスの化学者、物理学者、気象学者。原子説(あらゆるものは、それ以上分割できない極小のもの<原子、atom>が集まって構成されている、とする理論)を提唱したことで知られる。また、自分自身と親族の色覚(光のスペクトルによっておこる視覚の質的差をいう。光の強さ、時間、面積、順応状態などにも依存する。)を研究し、自らが先天的色覚異常(人の色覚が正常色覚ではない事を示す診断名である。「色盲」<しきもう>「色覚特性」<しきかくとくせい>などとも呼ばれる。20179月から「色覚多様性」という呼称が提唱されている。)であることを発見したことによって、色覚異常を意味する「ドルトニズム (Daltonism)」の語源となった。1766年、カンバーランド州イーグルスフィールド生まれ。地元の小学校で初等教育を受けたが、そこの教師が引退すると、12歳にして教師となる。15歳のとき、ケンダルで兄と共にクェーカー教徒の学校を運営。1790年ごろ法律家か医師になることを志したが、当時のイングランドでは非国教徒(ドルトンはクェーカー教徒)は大学に入学できなかったため親族に反対され、その後マンチェスターに引っ越す。盲目の哲学者で博物学者のジョン・ゴフに師事して科学知識を身につけ、新たに創設されたマンチェスター・アカデミーで数学と自然哲学の教師となる。若いころのドルトンはイーグルスフィールドのクェーカー教徒エリヒュー・ロビンソンに強く影響を受けている。ロビンソンは有能な気象学者で機器製作者であり、ドルトンに数学と気象学への興味を植えつけた。ケンダルにいたころ、ドルトン Gentlemen's and Ladies' Diaries 紙に寄せられた様々な問題や疑問に答えており、1787年から気象学に関する日記をつけ始め、その後の57年間で日記には20万以上の気象観測記録が記された。同じころジョージ・ハドレーの「大気循環理論(ハドレー循環))」を独自に再発見している。ドルトンの最初の出版物は「 Meteorological Observations and Essays (1793) で、後の発見の萌芽がいくつか見られる。しかしその独創的論文に他の学者が注目することはほとんどなかった。1794年、マンチェスターに移って間もなく、ドルトンは 自らの色覚を題材にした論文を発表し、先天色覚異常が眼球の液体培地の変色によって起きるという仮説を提唱した。西欧近代科学においては、ドルトンが自らの色覚を観察し発表するまで先天色覚異常に関する学術研究が行われていなかったとの定説がある。ドルトンの仮説の誤りは存命中に明らかになったが、研究の先駆性が評価され、先天色覚異常をドルトニズムと呼ぶようになる。ドルトンの死後保存された眼球の組織を1995年に調査したところ、ドルトンの先天色覚異常は中波長の錐体細胞(M-錐体)が働かないもの(22色覚)であることが判明する。なお、ドルトンは論文で次のように記している。『他者が赤と呼ぶ色は私には単なる影のやや明るい部分にしか見えない。オレンジ色、黄色、緑は様々な明るさの黄色にしか見えない。』。ドルトンの研究の中でも最も重要とされているのは、化学的原子説である。彼が原子説に到達したのは、エチレンとメタンの研究または亜酸化窒素と二酸化窒素の分析が元になったという説がある。ドルトンの実験室で発見されたノートの分析により、倍数比例の法則(同じ成分元素からなる化合物の間に成り立つ法則。)が何故成り立つのかを考える過程で、一定の質量比率の原子の相互作用によって化学反応が起きているという考え方に到達する、すなわち、大気や他の気体の物理特性を研究する過程で純粋に物理的概念として原子説の考え方に至ったと断定された。この考え方は前述のドルトンの法則を提示した液体による気体の吸収に関する論文の最後の方に初めて書かれているが、論文の発表は1803年で、それが出版されたのは1805年のことである。ドルトンは次のように記している。『何故、水はあらゆる気体を同じ量だけ吸収しないのか? 私はこの疑問を当然考察し、自身で完全に納得したわけではないが、気体を構成する究極の粒子の数および質量に依存するのではないかとほぼ確信している。』1837年に脳梗塞を患い、1838年の2度目の脳梗塞で言語症となったが、実験を続ける。1844年、3度目の脳梗塞を発症し、7月27日、マンチェスターの自室でベッドから落ちて亡くなっているのを同居人が発見した。マンチェスターの墓地に埋葬されたが、その墓地は今では運動場になっており、もともとの墓は出版物に写真で残っているだけである。


2022-05-20

「歴史上最も影響を与えた人物」シリーズ。


第三十話 5月20日は「ウィリアム・シェイクスピア」


ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネッサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知るうえでの貴重な言語学的資料ともなっている。ウィリアム・シェイクスピアは1564年、イングランドのストラトフォード・オン・エイボーン生まれ。ウィリアムの正確な誕生日は不明であるが、1564年4月26日に洗礼を受けたことが記録されている。 エリザベス朝時代は出生証明書が発行されていなかったため、これがシェイクスピアに関する最古の公的記録となる。シェイクスピアはストラトフォードにあったグラマー・スクール、エドワード6世校に通ったであろうと推定されている。エリザベス朝時代のグラマー・スクールは学校ごとに教育水準の高低差はあったが、この学校はラテン語文法や文学について集中学習が行われていた。講義の一環として学生たちはラテン演劇の洗礼を受ける。実際に演じてみることでラテン語の習熟に役立てるためである。ただ、この学校の学籍簿は散逸してしまっているため、シェイクスピアが在籍したという確たる証拠はなく、進学してそれ以上の高等教育を受けたかどうかも不明である。ロンドンの劇壇に名を現わすまでの数年間に関するその他の記録はほとんど現存していない。、なぜストラトフォードからロンドンへ移ったのかなどといった行状が一切不明となっているため、「失われた年月」 (The Lost Years)と呼ばれる。この間の事情については、「鹿泥棒をして故郷を追われた」「田舎の教師をしていた」「ロンドンの劇場主の所有する馬の世話をしていた」などいくつかの伝説が残っているが、いずれも証拠はなく、これらの伝説はシェイクスピアの死後に広まった噂である。1592年ごろまでにシェイクスピアはロンドンへ進出、演劇の世界に身を置くようになっていた。当時は、エリザベス朝演劇の興隆に伴って、劇場や劇団が次々と設立されている最中であった。その中で、シェイクスピアは俳優として活動するかたわら次第に脚本を書くようになる。1594年の終わりごろ、シェイクスピアは俳優兼劇作家であると同時に、「宮内大臣一座」として知られる劇団の共同所有者ともなっており、同劇団の本拠地でもあった劇場「グローブ座」の共同株主にもなっている。当時の他の劇団と同様、一座の名称はスポンサーであった貴族の名前から取られており、この劇団の場合にはヘンリー・ケアリー男爵がパトロンとなっていた。シェイクスピアは、1593年、物語詩『ヴィーナスとアドニス』、翌1594年に『ルークリース凌辱』、『恋の骨折り損』を発表したといわれる。1603年、にエリザベス1世が死去、ジェームス1世が即位した際、この新国王が自ら庇護者となることを約束したため「国王一座」へと改称することになるほど、シェイクスピア劇団の人気は高まっていく。シェイクスピアの著作からは、作中に登場するフレーズや語彙、演技についての言及に鑑みても、実際に俳優であったことが見て取れるが、その一方で劇作法についての専門的な方法論を欠いている。シェイクスピアは「国王一座」で上演する戯曲の多くを執筆したり、劇団の株式の共同所有者として経営に関与したりするかたわら、俳優業も継続して『ハムレット』の先王の幽霊や、『お気に召すまま』のアダム、『ヘンリー5世』のコーラスなどを演じたといわれる。様々な公文書によると、ロンドン在住中にシェイクスピアは大きな経済的成功を収め、ロンドンの不動産や、ストラトフォードで2番目に大きな邸宅を購入するまでになっていたことが分かっている。シェイクスピアは1613年に故郷ストラトフォードへ引退したと見られている。1616年423日にシェイクスピアは52歳で没した。死因は腐ったニシンから伝染した感染症であるとされるが、詳細は不明である。



2022-05-19

「歴史上最も影響を与えた人物」シリーズ。


第二十九話 5月19日は「アダム・スミス」


アダム・スミス(Adam Smith)は、イギリスの経済学者、哲学者、倫理学者である。1723年、スコットランド生まれ。主著に倫理学書『道徳感情論』(1759年)と経済学書『国富論』(1776年)などがある。スミスが生きた18世紀のイギリス社会は政治の民主化、近代西欧科学の普及と技術革新、経済の発展といった「啓蒙の世紀」であった一方で、格差と貧困、財政難と戦争といった深刻な社会問題を抱えた世紀でもあった。光と闇の両側面を持つ18世紀イギリス社会はアダム・スミスの思想に大きく影響したとされる。スミスはグラスゴー大学でスコットランド啓蒙の中心人物であった哲学者フランシス・ハッチンソン(1694 - 1746)の下で道徳哲学を学んでいる。ハッチンソンはフーゴー・グロティウス(1683 - 1645)やサミュエル・プーフェンドルフ(1632] - 1694)らの自然法思想(「自然法」とは、事物の自然本性から導き出される法の総称。 したがって、この概念を主として人類・人間社会を念頭に置いて使用する場合、「倫理」と多分に意味内容が重複する概念となる。自然法は実在するという前提から出発し、それを何らかの形で実定法秩序と関連づける法理論を、「自然法論」と呼ぶ。)を継承する道徳哲学者であり、スミスもこれらの思想的潮流から大きな影響を受けている。グラスゴー大学卒業後、オックスフォード大学に進んだが中退、1748年にエディンバラ大学で文学と法学の講義を始める。1751年にはグラスゴー大学の論理学教授に就任し、翌年、道徳哲学(一般に行動の規範となる物事の道徳的な評価を理解しようとする哲学の研究領域の一つ。)教授に転任する。スミスは1750年頃に哲学者ヒュームと出会い、ヒュームが他界する1776年まで親交を続け、『人間本性論』に代表されるヒュームの啓蒙思想からも大きな影響を受けている。1759年には主著『道徳感情論』を出版する。、1776年には主著『国富論』を出版。1790年、エディンバラで67歳で病死。スミスは生前「法と統治の一般原理と歴史」に関する書物を出す計画があったが、死の数日前に友人に命じてほぼ全ての草稿を焼却させてしまった。焼却されずに残った草稿はスミスの死後、『哲学論文集』(1795)として出版された。また、1895年にはグラスゴー大学時代の学生がとった講義ノートが見つかっており、『法学講義』として後に公刊された。


2022-05-17

歴史上最も影響を与えた人物」シリーズ。


第二十八話 5月17日は「オービ ルとウィルバー・ライト/(ライト兄弟)飛行機の発明者」


ライト兄弟(Wright BrothersWilbur WrightOrville Wright)は、アメリカ出身の動力飛行機の発明者、かつ世界初の飛行機パイロットの兄弟。世界最先端のグライダーパイロットでもある。自転車屋を営みながら兄弟で研究を続け、1903年に世界初の有人動力飛行に成功する。ただし、世界初という点についてはグスターヴ・ホワイトヘッドによる19018月の初飛行が世界初であるという指摘がある。1906年に万国国際法学会は、各国の自衛に反さないかぎり航空は自由という原則を採る。その結果、航空技術の熾烈な競争を招く。なお、アメリカの連邦航空局(FAA)が発行するパイロットのライセンスカードの裏面にはライト兄弟の肖像が描かれている。LIFE誌が1999年に選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に選ばれた。兄弟は1903年12月17日、ノースカロライナ州キティホーク近郊にあるキルデビルヒルズで12馬力のエンジンを搭載したライトフライヤー号によって有人動力飛行に成功。合計4回の飛行が試みられた。 4回目の結果は、滞空時間:59秒、飛行距離:約260m。それまでの他者による飛行の試みの多くが跳躍かその延長のものでしかなかったのに対して、主翼をねじる(「たわみ翼」は、変型してたわませる<ねじる/ひねる>事が可能な主翼のこと。)ことによって制御された飛行を行ない、飛行機の実用化に道を開く。しかし、当初世間はこれを理解しないどころかむしろ冷淡であり、国内では様々な事情から特許権関係の問題を突き付けられたりさえする。 ライト兄弟は実験に成功したが、世間はこれを信用しないばかりかこぞって反発する。ニューヨークチューンズ、ニューヨーク・ヘラルド、アメリカ陸軍、ジョンズ・ホプキンズ大学の数学と天文学の教授など、各大学の教授、その他アメリカの科学者は新聞等でライト兄弟の試みに「機械が飛ぶことは科学的に不可能」という旨の記事やコメントを発表する。逆に後年ヘリコプターの実用性が議論されるようになった時期、オーヴィルは1936年の書簡で「ヘリコプターには根本的な問題がある」、「ヘリコプターの開発には資金がかかりすぎる上に商用性もおぼつかないので誰もとりかかられないだろう」と書いている。それまで多くの研究者の飛行への挑戦がことごとく失敗を重ねて来たのに対し、ライト兄弟は当時としては極めて高度な科学的視点から飛行のメカニズムを解明し、また同時に工学的に着実な手法を取る。風洞実験によって得たデータを元に何機かのグライダーを試作し一歩一歩堅実に飛行機の改良を行っている。グライダーによる実験の回数もオットー・リリエンタールらに比べてはるかに上回り、多くの実験データを収集するとともに飛行技術を身につけるようにしている。グライダーを基礎にまず操縦を研究し、自らそのパイロットになってから動力を追加するのが彼らの戦略であり、他者のプロジェクトは動力機体の製作しか眼中になかったと本人たちが述べている。兄弟は実験回数を増やすために「安定した強風が吹いている場所」を気象台に問い合わせ、故郷から遠く離れたキティホークをその場所に選んでいる。安定した強風が必要だったのは、グライダーを凧のように繋留索で空中に固定して、安全かつ安定に実験をするためである。(リリエンタールは風がどの方向から吹いてもいいように人工の丘を作った。また墜落で命を落とした)。 また、兄弟は自転車店を経営することで研究に必要な資金を自弁できた上、自転車の技術を活用することも可能であった。例えば2基のプロペラはチェーン駆動であり、回転の向きを左右で逆にしてトルクを打ち消すためにチェーンを片方交差するなどしている。一方で彼らの機体は機体の前方に水平安定板兼昇降舵があるなど、安定性の面に問題もあり、実際後年の再現プロジェクトはその点で苦労している。しかしながら、安定性と操縦性能はトレードオフであり、ライト兄弟は操縦性能を最優先した飛行機で飛行してこそ、本物の飛行であるという強い信念を持っていた。そして単なる精神論だけでなく、兄弟は滑空飛行を繰り返し操縦に熟練したことによって、成功を得た。ライト兄弟の初飛行100周年にむけて、ライトフライヤー号を復元する研究がいくつか行われたが、コンピュータシミュレーションでは姿勢が安定せずに普通に飛べず、完成した復元機に至っては離陸すらできなかった。ライト兄弟が成功したのは当日の強風と、それをものともしない兄弟の操縦技術のおかげだという見解もある。晩年のオーヴィルには、飛行機を発明したことを後悔する旨の言動がある。1942年にオーヴィルはヘンリー・フォードに対して、自分が動力飛行機を発明したことを悔いる内容の手紙を送り、1943年にアメリカ特許局設立150周年記念行事に参加した際には、最近100年間の十大発明は何かと問われ、あえて飛行機をその中から除外している。第二次世界大戦に関し、飛行機がもたらした破壊を残念に思うと述べている。


【ウィルバー・ライト】     【オービル・ライト】

         

更新情報一覧

こだわり物件特集

社員おすすめ
こちらはLIXIL不動産ショップ ERA 福島の社員おすすめの物件を特集しております。特に女性の方には是非ご覧頂きたい物件を揃えてご紹介しております。
駅近物件
こちらは駅近物件の特集ページになります。福島区・北区を中心に、最寄り駅まで徒歩10分圏内の物件をご紹介しております。アクセス環境充実の物件です。
高級マンション・タワーマンション
こちらは高級マンションやタワーマンションなど一つ上のマンション物件を特集しております。素敵な内外装や景観のあるこだわりのお住まいはこちらからどうぞ。
ペット可能マンション
こちらはペット可対応のマンション特集になります。可愛いペットも一緒にお住まいをお探しでしたら、まずはこちらから物件を探してみては如何でしょうか?
戸建物件
こちらは一戸建ての物件を特集しております。福島区・北区など大阪市内でマイホームをお考えの方、弊社がおすすめする物件をこちらからご覧下さい。

新着物件

■居住用売買物件

  • 新着
  • おすすめ
  • スタッフコメント有り

パークホームズ西九条リバーフロントの画像

高瀬恵美
大阪環状線西九条周辺への引っ越しをお考えなら「パークホームズ西九...
価格
3,998万円
種別
中古マンション
間取
3LDK
面積
専有:76.09㎡
住所
大阪市此花区西九条2丁目
交通
西九条駅
徒歩5分
  • おすすめ
  • スタッフコメント有り

ドルミ堂島の画像

福島京太郎
関西電力病院まで318mです。空き巣対策には、防犯カメラが役に立...
価格
2,980万円
種別
中古マンション
間取
2LDK
面積
専有:61.32㎡
住所
大阪市福島区福島3丁目
交通
中之島駅
徒歩6分
  • おすすめ
  • スタッフコメント有り

ジオタワー南森町の画像

福島京太郎
新着情報:ジオタワー南森町の空室情報ならコチラ。浴室乾燥機のある...
価格
6,980万円
種別
中古マンション
間取
2LDK
面積
専有:67.34㎡
住所
大阪市北区東天満2丁目
交通
南森町駅
徒歩3分
  • おすすめ
  • スタッフコメント有り

アークレジデンス梅田北の画像

藤井眞作
住み心地も充実した、きれいな中古マンションです。動線を意識したデ...
価格
3,898万円
種別
中古マンション
間取
3LDK
面積
専有:70.11㎡
住所
大阪市北区大淀中5丁目
交通
福島駅
徒歩9分
  • おすすめ
  • スタッフコメント有り

パラシオ北梅田の画像

福島京太郎
【ご相談承ります!】 「今すぐじゃないけど、住み替えを考えている...
価格
3,999万円
種別
中古マンション
間取
3LDK
面積
専有:74.68㎡
住所
大阪市北区大淀中5丁目
交通
福島駅
徒歩13分
  • おすすめ
  • スタッフコメント有り

ローレルハイツ北天満2号棟の画像

福島京太郎
大阪市北区エリアでの住まいなら、住み心地も快適な「ローレルハイツ...
価格
3,498万円
種別
中古マンション
間取
2LDK
面積
専有:78.75㎡
住所
大阪市北区池田町
交通
天満駅
徒歩4分

人気物件ランキング

ランキング1位

藤和堂島ハイタウンの画像

  • 価格 3,380万円
  • 中古マンション
  • 3LDK /  65.00㎡
  • 大阪市福島区福島3丁目
  • 新福島駅 徒歩4分

詳細を見る

ランキング2位

福島グランドヴィラの画像

  • 価格 2,780万円
  • 中古マンション
  • 3LDK /  69.84㎡
  • 大阪市福島区大開3丁目
  • 淀川駅 徒歩4分

詳細を見る

ランキング3位

ドルミ堂島の画像

  • 価格 2,980万円
  • 中古マンション
  • 2LDK /  61.32㎡
  • 大阪市福島区福島3丁目
  • 中之島駅 徒歩6分

詳細を見る

ランキング4位

パークホームズ西九条リバーフロントの画像

  • 価格 3,998万円
  • 中古マンション
  • 3LDK /  76.09㎡
  • 大阪市此花区西九条2丁目
  • 西九条駅 徒歩5分

詳細を見る

ランキング5位

ジオタワー南森町の画像

  • 価格 6,980万円
  • 中古マンション
  • 2LDK /  67.34㎡
  • 大阪市北区東天満2丁目
  • 南森町駅 徒歩3分

詳細を見る

会社内容タイトル

LIXIL不動産ショップERA福島店(関計株式会社)は、大阪府大阪市福島区にある不動産会社です。
福島駅より徒歩7分、東西線新福島駅より徒歩8分というアクセスが良い立地にございますので、お気軽にご来店いただけます。
当社は大阪市福島区、大阪市北区を中心とする不動産情報を多く扱っております。
不動産仲介業以外にも不動産買取(一戸建て・土地・マンション)・建築・外構工事・タイル工事・クリーン機器工事・空調設備工事・住宅検査(インスペクション)など多岐にわたり事業展開をしております。

初めてマイホーム購入するときは、「何から始めたらいいんだろう」「住宅ローンは使えるのか」「中古か新築か」などたくさん悩まれると思います。
当社は不動産キャリアの長いスタッフが責任をもって、お悩みを解決させていただいております。
お子様がいらっしゃるご家庭では、学校区などもきっと気になるかと思います。
最近では学校区を優先しマイホーム購入をされる方も増えてきております。
LIXIL不動産ショップERA福島店(関計株式会社)では、家族みんなが笑顔で新生活を迎えていただけるよう、心からのサポートをさせていただきます。
一人一人のご事情に合わせ、最適なご提案をさせていただくため、当社はリピーター様もたくさんいらっしゃいます。
不動産購入は人生において一番大きな買い物といえますので、慎重に不動産会社を選ぶ必要がございます。
安心と信頼のできる不動産パートナーを見つけることが、マイホーム購入にあたり一番重要なこととなります。

皆様の喜びが当社の喜びでもあります。
喜んでもらえるような住まい探しをご提案させていただき、笑顔で新生活を迎えていただくことが不動産会社の使命です。
住まいを考え、皆様の人生を一緒に考えさせていただきます。
そして、理想の家を形にするのが当社のお仕事です。

LIXIL不動産ショップ(ERA)は全国的に展開しており、現在2600店を超えるネットワークを活かし、不動産情報を多く取り扱っております。
圧倒的信頼と安心感を持っていただけるように当社は皆様のお悩み解決をさせていただいております。

当社にはプロの不動産アドバイザーがおりますので、不動産に関するお悩みであれば何でもお問い合わせください。

〒553-0003 大阪市福島区福島6丁目15番10号 ODESSA北梅田1F
TEL 06-6136-4065 FAX 06-6136-4067
※JR環状線 福島駅 徒歩7分  JR東西線 新福島駅 徒歩8分

  • Instagram
  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    リクシル不動産ショップ ERA 福島
    • 〒553-0003
    • 大阪府大阪市福島区福島6丁目15-10
      オデッサ北梅田 1階
    • TEL/0661364065
    • FAX/0661364067
    • 大阪府知事 (3) 第55748号
      建設業許可 :
      特定建設業 電気工事業
      特定建設業 建設工事業
      特定建設業 大工工事業
      特定建設業 屋根工事業
      特定建設業 内装仕上工事業
      特定建設業 タイル・れんが・ブロック工事業
      国土交通大臣許可:(特-30)第20254号
      一級建築士事務所登録:大阪府知事登録(ロ)第25134号
       
             
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 建物検査済み物件
  • ERA国際ネットワーク
  • ERAのサービス理念
  • 世界34の国と~
  • 不動産オンライン
  • TVCM公開中!!
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る